自己資本比率とは・流動比率とはなんだろう

自己資本比率とは・流動比率とはなんだろう

自己資本比率とは・流動比率とはなんだろう

貸借貸借表のなかに自己資本比率、流動比率という項目が存在します。

こりは%で表され、融資の際にも重要な判断材料となりますが、いったいこれはなんなのでしょうか

まず、単純に言ってしまえば、資金には2つの性格があります、融資などによって、他者から受けた資金と、自己資本比率とは自社の中で調達した資金のことです。

この自社で調達した資金が、しあわせ募金のどの程度を占めているのかを表す数字です。

他者から融資を受けた資金は、いずれ返済しなくてはならない資金ですから、この割合が多ければ、返済しなければならない式がおおく

利息も発生しているため、あまり良い経営状態ではないとという判断になります。

自己資本比率が高たいほど安定した会社経営ができるという判断ができますから、会社の評価も高くなるというわけです。

流動比率は短期の会社の支払い能力を確認するための数字です。

流動資産と流動負債の割合を示している数字で、流動資産とはすぐに回収できる資産のことで、流動負債というのは、短い期間に支払う必要がある負債です。

つまり、負債より資産の方が多くなければ、支払いができなくなる可能性があるわけで、100%未満の数字になっていてはまずいことになります。

そのほかに、超足している資金を効率よく運用しているかという事を知るための指標として、固定長期適合率というものがあります。

全資産のうち、回収には時間がかかる資産、固定資産がどの程度を占めているのかを表すものです。

100%であれば、資産の全部がすぐに回収できない資産という事になり、あまり会社の状態がよいとはいえない状況であることを表します。

資金調達のプロ

自己資本比率とは・流動比率とはなんだろう関連ページ

借り入れ返済能力と利益償還不足
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
設備投資、資金とリース契約
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
キャッシュフロー計算書とは
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
支払手形と当座預金口座
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
民間貸付資金 公的貸付資金 事業資金について 資金繰りの基礎知識 借入金返済方法 上手な資金調達方法