資金繰りの基礎知識を得ることは重要です。

資金繰りの基礎知識

事業を始めたばかりの事業者がいきなり当座預金口座を作ることはまずできないでしょう。

当座預金口座を作れないという事は、支払手形を発行することはできないので、常に現金が支払い分用意されていなければなりません。

事業を継続して、安定して順調に経営を続けていけば、メインバンクも当座預金口座の開設を認めてくれるようになり、支払手形を使うことができるようになります。

支払手形は、振り出したときに現金がなくても、手形の期日までに、口座に入金しておけばいいので、資金繰りが楽になる便利なものです。

ただし、手形が決済できない場合は、1回であっても、事実上倒産ということになりますから、その点は十分注意しなければなりません。

続きを読む≫ 2012/06/15 17:22:15

キャッシュフロー計算書は単純にいってしまうと、現金の流れを項目ごと分けて追ったものです。

個人事業者や中小企業ではあまり作られていることはない書類です。

しかし、最近は、金融機関の融資の審査にも重要な位置づけになっているため、金融機関から融資の際や、すでに融資を受けている場合、作成を求められることもでてきています。

決算書の一つである損益計算書と似ているように思えますし、実際にそうなのですが、根本的なつがいがあります。

それは、作成の目的が全く違うという出発点の相違です。

続きを読む≫ 2012/06/12 14:11:12

設備の入れ替えなどの場合は、設備資金融資をで対応するのが一般的な考え方ですが、

設備資金の融資で、設備の入れ替えをするほかにも、リース契約を利用すという方法があります。

既に設備資金の融資を受けていて、まだ編先がたくさん残っていて、新たな設備資金融資を受けるのが困難に場合などに考えるべき方法です。

リースにした場合、資金的な取り扱いとしては、金融機関から借入して、毎月リース金額が返済しているのと同じような取扱いになります。

銀行から融資を受けるよりも手続きも簡易なので、選択肢の一つとして考えていいと思います。

続きを読む≫ 2012/06/08 16:32:08

自分のお小遣いで考えれば、とても簡単な話であっても、会社の経理上の話で、専門用語が出てくると途端にわかりにくくなってしまいます。

実はとても簡単な話なのに、日本の経理はとても難しくなっているのですよね。

事業融資を受けるには、その返済をしていく能力が当然必要となります。

融資をする側にとっては、利益償還がどれぐらいあるのかというのはとても重要です。

経理の専門用語を使うと、わかりにくいですが、実は、とても簡単なことなのです。

続きを読む≫ 2012/06/05 13:51:05

貸借貸借表のなかに自己資本比率、流動比率という項目が存在します。

こりは%で表され、融資の際にも重要な判断材料となりますが、いったいこれはなんなのでしょうか

まず、単純に言ってしまえば、資金には2つの性格があります、融資などによって、他者から受けた資金と、自己資本比率とは自社の中で調達した資金のことです。

この自社で調達した資金が、しあわせ募金のどの程度を占めているのかを表す数字です。

他者から融資を受けた資金は、いずれ返済しなくてはならない資金ですから、この割合が多ければ、返済しなければならない式がおおく

利息も発生しているため、あまり良い経営状態ではないとという判断になります。

続きを読む≫ 2012/06/04 13:47:04

ホーム RSS購読 サイトマップ
民間貸付資金 公的貸付資金 事業資金について 資金繰りの基礎知識 借入金返済方法 上手な資金調達方法