小規模企業向け「挑戦支援融資制度(劣後ローン)」の取扱いを開始

小規模企業向け「挑戦支援融資制度(劣後ローン)」の取扱いを開始

小規模企業向け「挑戦支援融資制度(劣後ローン)」の取扱いを開始

日本政策金融公庫=旧国民生活金融公庫が、地方の小規模企業の資金調達を助けるために、挑戦支援融資制度(劣後ローン)というものをはっぴょうしました。

 

この不景気で、資金調達が困難になっている小規模事業者を助けようとする目的のようです。中長期的な新規事業に取組む中小企業者への支援を強化というキャッチコピーがあります。

 

不景気でそれまでのビジネスではたち行かなくなることが目に見えていて、新たな事業分やへ転身するということも多くありますが、事業が機動に乗るまでは、数年はかかるという場合も多く、その間返済する余裕がないというのがふつうです。

 

この制度では、そのような場合でも、返済期間10年(税務申告を2期終えていない方は7年)の期限一括返済という方法ができるため、据え置き期間が長くとれるという優位性があります。

これには、劣後特約というものが設定されていますが、劣後する特約とは、融資先において法的倒産手続の開始決定が裁判所によってなされた場合、本制度を適用した融資の償還順位が他のすべての民間金融機関等の融資に劣後する特約です。

 

 

 

なぜ劣後ローンで資金が借りやすくなるかというと、基本的に劣後ローンというものは、出資に近い融資制度であることから、民間金融機関から円滑に資金を調達できる効果があるといわれているのです。

この融資の対象とされるのは

 

○技術・ノウハウ等に新規性がみられる方

○経営革新計画の承認を受けている方、認定を受けた新連携計画に参加している方、中小企業地域資源活用促進法や農商工等連携促進法に基づく認定を受けている方

 

融資限度額は、2,000万円以内(税務申告を2期終えていない方は1,000万円以内)

融資期間は、10年(税務申告を2期終えていない方は7年)

 

返済方法は、期限一括返済(毎月、利息払いで最終回に元金一括返済)

 

担保・保証人は、無担保・無保証人

利率は、5.3%(固定金利)

 

一般的な、日本政策金融公庫の事業融資と比べると倍暗いの金利になっているのは、劣後特約があるので、その分金利が高くなっているとかんがえていいでしょう。

 

制度利用の注意点として、地域経済の活性化にかかる事業を営む等の要件があります。

 

尚元々中小企業向けの劣後ローンについては、平成20年4月から中小企業事業において、新規事業や企業再建に取組む方を対象としてされていましたが、平成

20年度2次補正予算で貸付枠を大幅に拡大し、挑戦支援融資制度という名前で支援体制を強化として打ち出されたものです。

小規模企業向け「挑戦支援融資制度(劣後ローン)」の取扱いを開始関連ページ

経営環境変化資金(セーフティネット貸付)
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
金融環境変化資金(セーフティネット貸付)
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
取引企業倒産対策資金(セーフティネット貸付)
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
国民生活金融公庫の普通融資(日本政策金融公庫)
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
国民生活金融公庫の申込しついて(日本政策金融公庫)
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
IT資金(企業活力強化貸付)
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
事業スリム化資金
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
地域雇用促進資金(企業活力強化貸付)
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
無担保・無保証人の資事業資金
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
中小機構共済の事業資金
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
振興事業貸付について
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
中小企業融資公庫の事業資金融資
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
国民生活金融公庫か融資の案内が届く
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
国民生活金融公庫(日本政策金融公庫)で事業ローンを組む
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
緊急保障制度で中小企業の資金繰り
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
政府系金融機関と事業ローン
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
緊急保証制度融資とセーフティネット融資を併せて受けられる。
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
日本政策金融公庫の返済緩和策
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
一日公庫とは日本政策金融公庫の支部が行っているサービス
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
危機対応融資の上限20億円を撤廃して融資の方針
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
被災事業者の債権を買い取りして免除か減免する新機構
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
中小企業事業融資の手続きは2つの方法がある。流れを確認しよう
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
過去に廃業した人が再挑戦できる開業資金融資制度再(チャレンジ支援融資)
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
日本公庫の事業資金の借入申込書のダウンロードと書き方
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
小規模企業者等設備導入資金制度が廃止され、新たな制度が作られる
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
中小企業金融円滑化法の延長と企業倒産の減少
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
信用保証協会の融資に焦げ付き多額、制度見直し論も
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
民間貸付資金 公的貸付資金 事業資金について 資金繰りの基礎知識 借入金返済方法 上手な資金調達方法