中小企業倒産防止共済とは、緊急の資金対策に

中小企業倒産防止共済とは、緊急の資金対策に

中小企業倒産防止共済とは、緊急の資金対策に

仕入れてたものを売るとか加工して売るといった始業をしている場合、売掛金の回収が遅れ

買掛金の支払いが先にきてしまったりして、手形の決済日に資金が足りないという事が多々ありえます。

どんなに順調に言っていても、相手先のあることですから、決済の資金が足りなくなるといった事態はリスクとしてあるということを事業経営者は考えておかなければなりません。

そんな緊急時に備えて、是非とも入っておきたいのが、中小企業倒産防止共済という、中小企業庁が行っている共済制度です。

まず、加入資格を知っておきましょう。

  • 製造業、建設業、運輸業等の場合、資本金額3億円以下又は、従業員数300人以下
  • 卸売業の場合、資本金額1億円以下又は100人以下
  • サービス業の場合、資本金額5千万円以下又は、100人以下

 

つまりたいていの中小企業ならば加入できる資格要件となっているので、まず加入できないという
ことはないと思います。

個人事業主もこの共催に入ることができます。

掛け金もとてもやすく、最低で5,000円からになっています。最高でも200,000円です。

この金額は、経営状態にょって、増減できますから、業績が伸びて、資金の出入りが大きくなったら、増額するなどの方法もとれます。

またこの掛け金は法人の場合は税法上の損金、個人事業の場合は事業所得の必要経費とすることができますので、税務上も有利です。

そしていざという時の貸付も通常の金融機関の事業融資などよりはるかに好条件です。

無担保、無保証人、無利子というものです。

デメリットとしては、共済金貸付額の10分の1に相当する掛金の権利が消滅するというだけです。

返還期間は貸付金額によりって変わってきますが、5〜7年で、返済までの据置期間6か月です。

貸付元金は毎月均等償還となります。

ただし、注意さなければならないのて、取引先の支払いがない理由が、「夜逃げ」、「内整理」など絶対に回収の見込みがない場合は、貸し付けてもらえないという事です。


資金調達のプロ

中小企業倒産防止共済とは、緊急の資金対策に関連ページ

小さな事業者は信用金庫、信用組合などの口座実績を作ろう
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
小人数私募債で資金調達
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
保険積立金を資金に利用する
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
ファクタリングなら赤字決算、不動産担保なし、信用力なしでも侑手が受けられる
税金滞納や信用に問題があって追加融資やつなぎ融資が受けられないとか、そんな場合でも資金を調達できる方法があります。それがファクタリングという方法です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
民間貸付資金 公的貸付資金 事業資金について 資金繰りの基礎知識 借入金返済方法 上手な資金調達方法