保険積立金を資金に利用する

保険積立金を資金に利用する

保険積立金を資金に利用する

融資に頼らず、資金調達する方法の一つとして、保険積立金がないか見直してみよう。

何年も会社経営してきているのだったら、保険積立金が結構たまっている可能性があります。

決算書を見直してみれば、「保険積立金」がいくらあるかわかるはずです。

定期以外の保険のタイプ、終身保険や養老保険であれば、積立になりますので、貸借対照表では資産科目のなかに、保険積立金などとして勘定科目に入っているはずです。

この積立金を利用して資金を調達する方法も1つの選択肢です。

この積立金を取り崩すという方法として、保険を解約して資金とする方法もありますが・・・・

解約して使ってしまった場合、当然ですが、保険がなくなってしまいますから、安全の保障がなくなるのは心配です。

若いうちならば、資金繰りが改善してら、また入り直すという方法もあるでしょうが・・・

年齢が上がると、割高で入りにくくなるわけですから、解約するのは、最後の手段だと思います。

大抵、ある程度積立金がたまっているのだったら、それを担保として、契約者貸付というのを行っていますので、おおよそ積み立てられている金額の80%程度までを借りることができるはずです。

もちろん、融資に近いものですから、金利が発生しますが、積立金そのものが担保になっているわけですから、利息金利はとても少なく、3〜4%程度でしょう。

もし、すでに毎月の掛け金が大変になっている場合は、解約して、積立金を受け取るという選択肢もあり得るでしょう。

保険の保証がなくなってしまいますが、解約で積立金が入ってくるのと、毎月の掛け金もなくなりますから、資金調達と毎月の資金繰りが少し楽になるという効果があります。

資金調達のプロ

保険積立金を資金に利用する関連ページ

小さな事業者は信用金庫、信用組合などの口座実績を作ろう
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
中小企業倒産防止共済とは、緊急の資金対策に
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
小人数私募債で資金調達
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
ファクタリングなら赤字決算、不動産担保なし、信用力なしでも侑手が受けられる
税金滞納や信用に問題があって追加融資やつなぎ融資が受けられないとか、そんな場合でも資金を調達できる方法があります。それがファクタリングという方法です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
民間貸付資金 公的貸付資金 事業資金について 資金繰りの基礎知識 借入金返済方法 上手な資金調達方法