事業融資を受けなくても資金繰りを改善させることができる。

融資が通らなくても資金調達できるファクタリングとはなにか?

事業融資が受けられなくても資金調達できる

資金が足りなくて、融資を申込んだけれど、審査に通らなかった、そんな時は、カードローンなどで一時凌ぎをすることはある程度できるかもしれけませんが、消費者金融のカードローンは総量規制がかかりますので、限度がありますし、銀行のカードローンでは審査が通らないこともあるでしょう。

 

資金繰りが厳しい状態では、審査が通りにくいですし、赤字決算とか、それに付随して、税金を滞納してしまっているとかいう場合、銀行などでの追加融資は困難ですし、商工ローンなども厳しい条件になります。

 

そんな時に1つ新しい方法として、ファクタリングという方法があります。これは、売りかけ債権がある程度ある場合だけしか使えませんが、入金のタイミングが遅くて資金がショートしてしまっている場合などには大きな威力を発揮します。

 

以前から売れ掛け金担保の融資などはありましたが、ファクタリングは、それに近いものですが、直接債権を買っているのと同じなので、融資ではなく、素早く資金が得られるのが特徴です。

 

審査は、売掛先の信用によって決まりますので、自社の状況には関係なく行うので、通常の融資がとおらなかった場合でも大丈夫と言うわけです。

しかも実際に入金があってからの、返済でよく、また売掛金の相手先に、ファクタリングを行ったことを知られることがありません。

 

あくまで、自社とファクタリング業者との契約ですので、その情報は秘匿にされるからです。

 

これは資金が増えるわけではありませんが、資金繰りが改善されるので、企業の価値が上がりますので、評価が高まり、断られた融資が通る可能性も出てくるという効果もあります。

 

もともと手にするはずである入金を早く手に出来るということなので、借金にはなりませんから、財務状況を悪くすることがないのがメリットです。

融資が通らなくても資金調達できるファクタリングとはなにか?関連ページ

小さな事業者は信用金庫、信用組合などの口座実績を作ろう
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
中小企業倒産防止共済とは、緊急の資金対策に
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
小人数私募債で資金調達
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
保険積立金を資金に利用する
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
民間貸付資金 公的貸付資金 事業資金について 資金繰りの基礎知識 借入金返済方法 上手な資金調達方法