融資を受けるだけでない上手で賢い資金調達方法

上手な資金調達方法

資金が足りなくて、融資を申込んだけれど、審査に通らなかった、そんな時は、カードローンなどで一時凌ぎをすることはある程度できるかもしれけませんが、消費者金融のカードローンは総量規制がかかりますので、限度がありますし、銀行のカードローンでは審査が通らないこともあるでしょう。

 

資金繰りが厳しい状態では、審査が通りにくいですし、赤字決算とか、それに付随して、税金を滞納してしまっているとかいう場合、銀行などでの追加融資は困難ですし、商工ローンなども厳しい条件になります。

 

そんな時に1つ新しい方法として、ファクタリングという方法があります。これは、売りかけ債権がある程度ある場合だけしか使えませんが、入金のタイミングが遅くて資金がショートしてしまっている場合などには大きな威力を発揮します。

 

以前から売れ掛け金担保の融資などはありましたが、ファクタリングは、それに近いものですが、直接債権を買っているのと同じなので、融資ではなく、素早く資金が得られるのが特徴です。

 

審査は、売掛先の信用によって決まりますので、自社の状況には関係なく行うので、通常の融資がとおらなかった場合でも大丈夫と言うわけです。

続きを読む≫ 2015/10/08 11:14:08

融資に頼らず、資金調達する方法の一つとして、保険積立金がないか見直してみよう。

何年も会社経営してきているのだったら、保険積立金が結構たまっている可能性があります。

決算書を見直してみれば、「保険積立金」がいくらあるかわかるはずです。

定期以外の保険のタイプ、終身保険や養老保険であれば、積立になりますので、貸借対照表では資産科目のなかに、保険積立金などとして勘定科目に入っているはずです。

この積立金を利用して資金を調達する方法も1つの選択肢です。

続きを読む≫ 2012/11/30 09:31:30

あまり知っている人は少ないと思いますが、小人数私募債という、社債のようなものを発行して資金調達をするという方法があります。

ただし、発行できるのは株式会社で、50名未満分しか発行はできません。

またこの私募債は譲渡制限、分割制限、(一括譲渡を除く譲渡制限を設け、譲渡には取締役会の決議を必要とする)また投資家に発行するものではないので、縁故者などにしか買ってもらう事はできません。

これらの制限がついている代わりに、取締役会の決議だけで発行できるため、迅速に、簡単な手続きで発行できるため、緊急時の資金調達方法としても有効です。

続きを読む≫ 2012/06/07 17:47:07

仕入れてたものを売るとか加工して売るといった始業をしている場合、売掛金の回収が遅れ

買掛金の支払いが先にきてしまったりして、手形の決済日に資金が足りないという事が多々ありえます。

どんなに順調に言っていても、相手先のあることですから、決済の資金が足りなくなるといった事態はリスクとしてあるということを事業経営者は考えておかなければなりません。

そんな緊急時に備えて、是非とも入っておきたいのが、中小企業倒産防止共済という、中小企業庁が行っている共済制度です。

まず、加入資格を知っておきましょう。

続きを読む≫ 2012/06/06 18:42:06

自営業など規模の小さな事業者で、すべてキャッシュで運転資金を回している場合、

殆ど銀行などの金融機関とは、口座を持っているだけで、特別な関係はないでしょう。

まあ、現金で足りているのに無理に融資を受ける必要はないので、別にそれでもいいのですが・・・

そのままの事業を継続してずっといけるということはそうはないと思います。

取引先が増えれば、仕入れ資金は拡大し、運転資金が足りなくなることもあるでしょうし・・・

逆に、取引先が、支払いを伸ばしてくれということになったとき、次の仕入れが起こせない

続きを読む≫ 2012/06/06 17:27:06

ホーム RSS購読 サイトマップ
民間貸付資金 公的貸付資金 事業資金について 資金繰りの基礎知識 借入金返済方法 上手な資金調達方法