事業資金の借り換えとリスケジュール

事業資金の借り換え方法とリスケなどの同様の効果のある方法

事業資金の借り換え方法は1つではない

事業資金の借り換え方法はいくつかの手段が存在します。借換えの目的は月々の返済を楽することや新たな資金の調達の両方が考えられます。

 

しかし事業がよほど好調でなければ、事業資金の借り換え先は、そう沢山はありません。たとえ金利条件が良くなくても返済期間が長くなれば月の返済は楽になりますので、それも1つの選択肢として検討しましょう。

 

また融資を受けるだけが唯一の選択肢ではなく、事業資金の借り換え効果と同等の効果を得られる方法もあるのでそれも一緒に検討してみましょう。

事業資金借り換えの目的

まずは事業資金の借り換えをしたいという目的は月々の返済額を減らしたい。また返済はできているけれど金利が高くて損をしているんじゃないだろうかといった理由から事業資金の借り換えを検討したいと思う事業主さんがいるわけです。

 

毎月の返済額を減らす手段としては、借り換えがまず最初に浮かぶ手段でしょう。単純に考えると、現在借りている金融機関より金利の低いところに乗り換えればいいわけですが・・・そんな借入先があるかというと、そうは無いわけです

業績が良ければ借換えは難しくない

もし健全経営で会社の実績の伸びているなど、評価が高い状態で、まだ日本政策金融公庫などからの借り入れをしていないのであれば、民間からそちらに乗り換えれば、当然金利も返済条件も良くなります。

 

すでに日本政策金金融公庫から融資を受けているとか、審査を受けたけれど通らなかったという場合は、民間から民間への事業資金の借り換えということになります。

 

メインバンクで借りている資金を、よりよい条件でサブバンクがで借り換えるなんて方法もとれます。しかし事業主にとってメインバンクを変えるというのはかなり勇気のいることです。メインバンク変えという手もありますが、取引先への通達など面倒な手間もありますし。長年の取引実績も無にすることになりもったいないです。

 

またメインバンク変えをしないのであれば、メインバンクに今後良い顔をされなくなったり、ちょっと何かがあれば、資金引き揚げなんてことにもなりかねません。またもし、銀行から、信用金庫に格下げした乗り換えてしまえば、今度は銀行全体からの見方が下がります。もちろんもともと信用金庫がメインの取引であれば、関係ないわけですが。

金利の引き下げを申し出る

メインバンクに嫌われるリスクを冒したくないのであれば、より低い金利で借り換え融資をしてくれるところがあったとしても、直ぐ飛びつくのではなく、現在融資を受けているところでの金利の引き下げを要望してみましょう。

 

他の金融機関に借り換えられては損ですから、取引が長く信用度があれば、応じてくれる可能性が出てきます。それで上手く行けば理想的です。

業績が良くない場合の借換え

おそらく業績が良くなくて、返済が苦しいから、月々の返済額を減らしたいがための、事業資金の借り換えを検討したいという事業主の方がおおいでしょう。

 

業績が深刻でなければ、ゼロ金利で銀行は利益を稼ぐのが困難になっていますので、銀行同士またはビジネスローン業者を競わせる方法をとれば、よりよい条件を引き出せる可能性はあります

 

だだし借り換えようとしたところで、何年も低金利が続いている日本ですから、今の金利が、数年前程度の金利より、より低くなって取るわけではないので、数年前に借り入れた資金を借り換えたところで、金利差はわずかなものになります。

 

それらを総合して考えるに、金利をずっと低くした借換えはできない場合がほとんどだということになります。ではどうしたらいいのか、返済がきつくなって、月々の返済を減らしたいという理由だけで借換えするのであれば、金利よりも返済期間を長くする借換えにすることの方がより現実的です。

 

ページ上へ戻る

新たな融資で借換え効果をえる

だったらどうするのかというと、残金が1000万円で、返済期間が2年のとなっていたら、同じ程度の金利で、別の金融機関から、2000万円を融資を5年返済で借りるという方法が有利になります。

 

これで、先の1000万円は、一括返済しても、1000万円の新たな資金の調達ができ、残金であった1000万円の返済文が倍以上の期間での返済となり、返済が楽になるわけです。

 

もちろん追加資金が要らないのだったら、1000万円だけを5年返済で融資を受ければ、返済期間を延ばした分、月々の返済金額を減らすことができます。こんな借換え方法もあるわけです。

 

たとえ金利がほんのちょっとアップしたとしても、返済期間が倍以上になれば、かなり月々の返済額は少なくなります。それで月々の運転資金に少しでもゆとりが生まれれば、借換えの効果があります。

 

あらたな資金融資を受けなくても、毎月使える資金が数万円でも増えれば楽くになりますし、その分売り上げを増やせれば倍の効果が働くはずなので、返済期間が延びてトータルの利息の支払いが増えたとしても、ペイできる可能性もあるのです。

 

ページ上へ戻る

おすすめの事業ローン借換え業者

金利が下げられなくても借換えで返済期間を延ばすことを考えるのならばビジネスローン専門の業者が一番審査に通る可能性があるでしょう。

 

ただし、闇金まがいの危ない業者もあるので簡単に融資を受けるのは危険です。事業資金貸付業者は銀行のように知名度がないので、とこが大丈夫なのか分かりませんね。

 

そんな方のために実績のある事業ローン専門の貸金業者をここでまとめておきましょう。

 

ビジネクスト・ビジネスローン

東京のビジネスローン業者です。新規の借り入れでも上限は500万円となっていて、200〜300万円がほとんどの銀行のビジネスローンよりも限度額が大きいです。
事業者向け融資ですからもちろん総量規制の対象外で借りることができます。

来店不要資

ネットで申し込みでき、カードを使ってATMからキャッシングも返済も可能なので店舗まで行く必要が一切ありません。

最短翌日融資

ネットからの申込みで、当日もしくは翌営業日までに仮審査の結果を連絡。最短仮審査の翌日には融資が可能

カードコストが無い

原則無担保、無保証、年会費無料で借入可能。いざという時のために、審査をしてカードを作っておくと安心

使途自由

運運転資金、設備投資、など事業資金の範囲内で自由に使うことができる。

融資対象者 法人または個人事業主 満20歳〜満69歳まで
融資限度額 新規取引時は上限500万円 1万円〜1,000万円
利息 (実質年率) 8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
延滞損害金 (実質年率) 20.0%
担保 不要
保証人 原則不要 法人は代表者様に原則連帯保証
返済方式 元金定率リボルビング方式
返済期間・回数 最長5年(60回以内)
法人必要書類 代表者本人を確認する書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)、決算書原則2期分 等
個人事業主必要書類 本人様を確認する書類、確定申告書原則2年分 等
契約時締結費用 印紙代 (実費)

 

ビジネスパートナー・ビジネスローン

こちらも東京の金融業者です。1999年創業の実績のある中小企業向けに事業資金を融資する企業です。
ネットから審査申込みでく最短で翌日には融資が受けられます。こちろももちろん事業者向けローンですから、事業者の方は総量規制の対象外です。

最短1日審査

審査は最短即日で、審査が下りれば翌日には借り入れができます。

24時間キャッシング

提携のコンビニATMから24時間キャッシングできるので、急な資金需要にも対応できます。

融資対象 法人又は個人事業主・満20歳〜満69歳まで
借入限度額 50万円〜500万円
利用方法 限度額の範囲内で繰り返しご利用可能
利息(実質年率) 9.98%〜18.0%
遅延損害金(実質年率) 20.00%
担保 不要
保証人 原則不要 法人の場合は代表者の連帯保証
返済方式 借入時残高スライド元金定額リボルビング返済
返済期限回数 最長5年(60回以内)
法人必要書類 ・代表者の本人確認書類・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの・決算書(原則直近2期分)等
個人事業主必要書類 ・事業主本人確認書類・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの・確定申告書(原則直近2年分)・当社所定の借入計画書 等
契約締結費用 印紙代(実費)

ページ上へ戻る

リスケジュール(リスケ)で借換え効果

ただし、もうほかに融資をしてくれるところがない場合もあるでしょう。その場合は、現在の返済している金融機関に、返済期間を延ばしてもらう相談もできないでもありません。

 

これは、リスケジュールという方法で、略してリスケというものですが、一時返済猶予期間をもらったり、返済期間を長くして、返済金額を少なくするという方法です。

 

ただし、この手は相手があるものですから、受けてもらえない可能性もありますし、一度だけしか通用しない方法です。

 

さらにリスケ中は基本的に債務不履行になりますから、投資不適格ということになり、新たな融資は受けられなくなります。つまり、本当に最後の方法であって、結果的には同じことですが、効果は、ずっと借り換えの方がいいわけです。

 

もしうまくリスケの状態から完済したとしても、しばらくは、リスケをした会社としての記録が残り、融資を受けることができなくなるのです。

 

リスケ中に融資が必要になったら

しかしそれでも仕方がなく、リスケを行い、そんな時に、資金不足に陥った場合はどうなるでしょうか。

 

リスケ中は、信用力が全くありませんから、どこからも融資を受けられなくなります。こうなると、事業資金の借換えどろこでもなくなります。

 

そんな状態の時に、資金繰りが悪化してしまったら大変なことになりますね。ただ1つだけ資金調達が可能な方法があります。

 

それは、ファクタリングです。ファクタリングは売上金が一定以上あればできますが、相手先の信用で借りることができるため、リスケ中で信用が無い時でも大丈夫なのです。

 

ただし、銀行でのファクタリングは困難なので、ファクタリング専門業者との取引になります。

 

 

ページ上へ戻る

ファクタリングは債務にならない

ファクタリングは融資を受けるという行為ではないとみなされるので、財務上のマイナスとなりません。逆に資金繰りが良くなることになるので、財務改善ができたということになりえます。

 

ファクタリングで、財務が改善して、リスケも解消できれば、信用力も戻り、いずれば新たな融資や借換えもできるようになるでしょう。

 

ファクタリングは基本的に、売上金の前倒し入金で、全体的な資金量が増えるわけではありませんが、借換えでの借り入れが困難な場合ファクタリングをすることで財務評価が良くなり、新たに融資が受けられるようになる可能性があるので、借換えするためにプラスになるのです。

 

繰返しになりますが、新たな借り入れ(貸借対象上の債務になりません)ではないので、それ以上に信用を悪化させることもない方法なので会社の信用を下げずに済みます。つまり前述しましたリスケを実行する前にファクタリングする方がずっと良い方法です。

 

ただしファクタリングにも必要な条件があります。詳しくはファクタリング詳しくは解説のページを参考にしてください。

 

ページ上へ戻る

資金調達のプロ

事業資金の借り換え方法とリスケなどの同様の効果のある方法関連ページ

借入金返済に困ったとき相談は中小企業再生支援協議会に
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
元金均等と元利均等、返済方法はどちらがいい?
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
民間貸付資金 公的貸付資金 事業資金について 資金繰りの基礎知識 借入金返済方法 上手な資金調達方法