元金均等と元利均等、返済方法はどちらがいい?

元金均等と元利均等、返済方法はどちらがいい?

元金均等と元利均等、返済方法はどちらがいい?

一般的に融資を受けた毎月の返済をしていくときには、毎月同じ額を返済していくのが普通です。


住宅ローンなどば優遇金利で最初の10年間は金利が低く支払額も少ないといったものもありますし、事業融資の返済でも、震災など災害の場合は、事業融資でもそのようなものが存在はします。


実はこの金利の変化とは関係なく、毎月の返済額が一定の返済方法と、一定でない返済方法2つの返済の仕方があるのをご存知でしょうか?

一般的によく利用されている元利均等払いというものにたいして、元金均等払いというものがあり、金融機関によっては、どちらも選べる場合があります。

元利均等払いは、毎月一定額を固定して支払っていくタイプで、事業ローンの返済をしている多くの事業所がそのような支払い方法を選択していると思います。

 


 

毎月の返済額が一定なので、資金計画が立てやすいという理由があると思います。

 


 

しかし、支払いによって、借りている資金は減っていくはずですから、残金が減れば、それにかかっている利息も減っていってもいいはずですよね。

このことに注目して返済する方法が、元金均等返済というもので、元金返済は一定返済にして、それにかかる金利は、別に支払っていくという方法です。

元利均等返済だと、金利分の方を優先的に返済していることになり、元金自体の返済は徐々に増えていくという形になっています。

この差は、実は、元金均等返済の方が残金がどんどん減っていくため、それに対する支払いの利息が減るため、徐々に毎月の返済額が少なくなっていきます。

つまり理想的な支払い方に見えます。実際に、、元金均等返済の方がトータルの支払額は少なくなります。

ではなんで、、元金均等返済の方ではなく、元利均等返済をほとんどの人が選ぶのかというと、セクタ櫛がない場合もあるでしょぅし、やはり当初の支払額がかなり、元金均等返済の方が多くなってしまうことがあります。

資金繰りで借りたわけですから、すぐに返済が恥じるってそれも金額が大きいと、せっかく融資を受けても苦しいと感じるためです。

そのためどちらがいいのかは、実は言えない、その経営状況によるということですね。

元金均等と元利均等、返済方法はどちらがいい?関連ページ

借入金返済に困ったとき相談は中小企業再生支援協議会に
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。
事業資金の借り換えとリスケジュール
個人事業主の資金調達から、法人代表者の資金調達まで、役立つ事業資金融資、ビジネスローンなどについての情報や、融資に頼らない資金繰りの方法などを紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
民間貸付資金 公的貸付資金 事業資金について 資金繰りの基礎知識 借入金返済方法 上手な資金調達方法