地域別に事業融資の情報をまとめています。

地域別事業資金貸付

地方自治体の事業資金の融資は、現在では殆どが地方自治体そのものが資金を出すという仕組みではなく、信用保証をするという形で、銀行から融資するものです。

完全な公的融資とはいえないかもしれませんが、それでも金利や返済条件など、民間のビジネスローンを利用するよりずっと有利になっていますから、利用価値は高いと思います。

ただしたいていの場合は、自治体がきめて低い金利で、銀行が貸し出し、その金利分は自治体が負担するが、自治体によっては、銀行の金利そのままのところもあり、この場合は少しメリットも薄れてしまうので、良く確認すべきでしょう。

また自治体、銀行と別に、信用保証協会の保証も入るので、手続きは結構複雑で面倒なてんもあります。

続きを読む≫ 2012/01/17 16:38:17

三重県の事業資金融資、事業ローンについて紹介しましょう。

 

三重県では、商工会議所及び商工会、(財)三重県産業支援センターが窓口となって、小規模企業者等の創業及び、経営基盤の強化に必要な設備の導入促進を図るため、設備資金の貸付を行っています。

 

創業者または、これから創業しようとする者、または小規模企業を対象としています。

(従業員20人以下 商業、サービス業5人以下)

 

この資金の用途は、土地、建物を除く設備機器類になります。

 

融資限度額は、一般企業の場合、50万円以上4,000万円以下、創業企業1年未満は、25万円以上4,000万円以下、創業1年以上5年未満は50万円以上6,000万円以下となっています。

続きを読む≫ 2008/08/07 12:08:07

愛知県の融資制度、事業ローンについてご紹介しましょう。

 

事業転換や新規開業する際、資金が必要な場合として、ベンチャー企業等支援としての融資があります。

 

条件としては、次の3つがあげられています。(以下愛知県のサイトより一部抜粋)

 

 

 

@中小企業新事業活動促進法に基づく計画の承認、(財)あいち産業振興機構の事業可能性評価委員会のA評価を受けた者や事業転換を実施する者

A「あいちベンチャーファンド」から投資を受けた中小企業者

B名古屋中小企業投資育成鰍ゥら出資等を受けて事業を実施する中小企業者


1億円を限度額として、運転資金、設備資金として利用できます。

続きを読む≫ 2008/07/07 13:47:07

三重県中小企業融資制度についてご紹介しましょう。

 

金融機関、信用保証協会、(小規模事業資金では商工会、商工会議所を含む)などの協力を得て、通常よりも有利な融資条件で事業ローンを組むことができます。

最近の都道府県の融資は、直接融資はあまりなく、信用保証協会をとうしての間接融資になっています。

 

この融資については、要件がいくつかありますが、事業の規模によって制限されています。

 

(以下三重県のサイトより一部抜粋)

小  売  業 5,000万円以下 50人以下

サ ー ビ ス 業 5,000万円以下 100人以下

卸  売  業 1億円以下 100人以下

製 造 業 等

(運送業・建設業を含む) 3億円以下 300人以下

政令特例業種 ゴム製品製造業(注) 3億円以下 900人以下

ソ フ ト ウ ェ ア 業 3億円以下 300人以下

情報処理サービス業 3億円以下 300人以下

旅 館 業 5,000万円以下 200人以下

続きを読む≫ 2008/06/26 11:04:26

福島県には、起業家支援保証制度というものがあり、これから創業する人のための融資をしてくれます。

民間金融機関よりも、有利な条件で事業ローンが組めますので、これから起業を考えているかたは検討すべきでしょう。

 

 

利用条件は、県内で新たに事業を開始しようとする人で、 開業して1 年以内の者を含みます。

 

 

 

また既に中小企業者であって、新たな分野の事業に進出しようとする事業承継者も新規創業とみなされます。

続きを読む≫ 2008/02/07 10:37:07

福島県の融資の中に、小口零細企業資金という名前の融資制度があります。

 

対象は、県内に事業所を有し、常時使用する従業員が20人(商業・サービス業あっては5人)以下の事業者が対象となっている事業資金の融資制度です。

 

この資金の用途は、運転資金、設備資金ともに利用でき、融資期間は、運転7年以内で返済据置1年以内)、設備資金は10年以内で、返済据置1年以内という良い条件で、融資利率も固定金利で年2.3%以内となっていますので、とても利用しやすい事業ローンといえます。

 

事業者であれば、個人でもこの事業ローンは申し込めるようです。

続きを読む≫ 2008/02/07 10:18:07

兵庫県には、一般の金融機関から金融機関独自融資及び制度融資では融資を受けることができず、事業ローンをくめなかった中小企業者に対して、地域の参加金融機関が無担保・第三者保証人なしで融資を行い、倒産リスクの一部を県の損失補償によってカバーする融資制、兵庫県地域金融支援融資制度というものがあります。

 

融資対象者は、同一事業歴1年以上の法人(2期以上の決算を行った法人)となっています。

 

融資条件は、使運転資金又は設備資金として利用、融資金額は5,000万円以内となっています。

 

融資の期間は3年以内で、これには据え置き期間はありません。

 

利率は取扱金融機関の所定利率になります。

続きを読む≫ 2008/01/29 13:44:29

熊本県で行われている、公的な融資制度について紹介してみましょう。

主に7つの融資制度がありますので、まとめて紹介してみます。

(以下熊本県のサイトより一部抜粋)

 

@「産業活性化資金」

 中小製造業、商業・サービス業者の経営の近代化、経営基盤の強化及び地場産業の振興等のための資金

 

A「金融円滑化特別資金」

 不況や外部環境の変化により、売上減少等を来している中小企業者のための資金

 

B「小規模事業者資金」

 小規模事業者のための資金

  ※常時使用する従業員が 20人(商業・サービス業は5人)以下

続きを読む≫ 2007/12/18 14:35:18

青森県の融資制度は、県が貸付原資の一部を取扱金融機関に預託 し、それに取扱金融機関の資金を加え、定められた融資条件の範囲内で取扱金融機関及び県信用保証協会(保証付の融資制度でない場 合は保証協会の判断は必要ありません)の判断に基づき、中小企業者の方に融資が行われる間接融資となっています。

 

◇青森県創業支援資金(以下青森県のサイトより一部抜粋)

事業を県内で新たに中小企業者として創業しようとする創業者(創業後1年未満の者含む。)で、審査会の推薦を受けたものに事業資金を融資してくれます、低利の事業ローンが組めます。

続きを読む≫ 2007/07/18 09:33:18

京都府の事業資金融資制度についてご案内しましょう。

(以下京都府のサイトより一部抜粋)

 

○一般振興融資

中小企業者・組合を対象とした無担保または有担保での事業資金融資制度で、低利の事業ローンが組めます。

 

○小規模企業おうえん融資

小規模企業者を対象とした京都独自の無担保無保証人の事業資金融資製です。

限度額1,250万円のステップアップ枠ができました。

 

○経営支援特別融資

売上減少の中小企業者・組合を対象とした無担保または有担保での事業資金の融資制度です。

続きを読む≫ 2007/07/11 17:40:11

長崎県の開業資金融資制度、事業ローンに関する情報をご紹介しましょう。

 

○新産業創造資金

 

長崎県新産業創造構想に定める重点5分野での事業拡大や新規参入を図る方などを対象に、低利な資金を2億円まで融資するという結構太っ腹な開業資金融資制度で低利の事業ローンが組めます。

 

 

この事業資金融資対象者は以下の通りです。

 

県内において事業を継続し、かつ、県税を完納している中小企業者のうち、下記ののいずれかに該当することが条件となります。(以下長崎県のサイトより一部抜粋)

続きを読む≫ 2007/07/03 16:35:03

愛媛県の行っている事業資金融資制度についご紹介しましょう。

低利の事業ローンで開業を調達できるので、まずは、日本政策金融公庫で申し込んで、次にこちらで融資を申し込んで、それでも足りない場合は、銀行という手順がいいでしょう。

(以下愛媛県のサイトより一部抜粋)

○新事業創出支援資金

(1)県内に居住し、県内で新たに中小企業者として創業しようとするまたは、創業後5年未満であること

ア  事業を営んでいない個人が借入金額と同額以上の自己資金を有し、1月以内に新たに事業を開始する具体的計画を有する場合

イ  事業を営んでいない個人が借入金額と同額以上の自己資金を有し、2月以内に新たに会社を設立し、当該会社が事業を開始する具体的計画を有する者

ウ  事業を営んでいない個人が事業を開始した日から5年未満の者

エ  事業を営んでいない個人により設立された会社であって、その設立の日から5年未満の者

続きを読む≫ 2007/06/30 11:59:30

福岡県が行っている事業資金の融資制度について紹介しましょう。

 

○新規創業資金として創業前後の事業資金の融資制度があり<低利の事業ローンで開業を調達できます。

 

次のいずれかに該当する者であることが条件です。(以下福岡県のサイトより一部抜粋)

 

(1)事業を営んでいない個人であって、1か月以内に新たに県内で創業しようとする具体的計画を有するもの又は創業した日から1年を経過していない場合。

 

(2)事業を営んでいない個人であって、2か月以内に新たに県内で会社を設立して創業しようとする具体的計画を有するもの又は創業した日から1年を経過していない場合。

続きを読む≫ 2007/06/25 11:36:25

茨城県の事業資金の融資制度についてご紹介しましょう。低利の事業ローンで開業を調達できます。(以下茨城県のサイトより一部抜粋)

 

○創業活動支援融資

 

ア)この融資の対象なるには、県内に住んでいて以下の条件に該当する事がひつようになります。

(1) 事業を営んでいない個人が、借入金額と同額以上の自己資金を有し、1月以内に新たに事業を開始する具体的計画を有するもの、つまり自己資金分までが融資の限度額となるということですね。



(2) 事業を営んでいない個人が、借入金額と同額以上の自己資金を有し、2月以内に新たに会社を設立し、当該会社が事業を開始する具体的計画を有するもの、つまり、法人化する場合は、登記などの機関を考慮して、2ヶ月となっていると思われます。



(3) 中小企業である会社が、新たに中小企業である会社を設立し、当該会社が事業を開始する具体的計画を有するもの 、つまり別途新規事業を別会社で立ち上げる場合も、創業資金融資に該当するということです。

続きを読む≫ 2007/06/22 11:10:22

大阪府にも事業資金の融資制度があります。低利の事業ローンで開業を調達できます。

 

大阪府の開業資金の融資制度は、保証協会あっせん方式と、金融機関経由方式との2つの方法での融資が用意されています。違いは前者は担保が必要で、融資限度額額が多く、後者は担保が不要で、融資限度額か、前者の半分の1500万円という部分だと思います。

 

○開業資金−(保証協会あっせん方式)

大阪府内において新規創業するためにの事業資金を融資してくれる制度です。

 

この大阪府の開業資金の融資で注目したいのが、原則として創業に必要な資金の1/5以上の自己資金を有することとされていて、他の自治体の多くが、自己資金の倍の限度額を設定していることがおおいのに比べ、自己資金が少なくても5倍まで融資してくれる可能性があるのは大きいポイントです。

続きを読む≫ 2007/06/18 20:31:18

山梨県の事業資金の融資制度をご案内します。低利の事業ローンで開業を調達できます。

(以下山梨県のサイトより一部抜粋)

 

○産業開発資金−起業家支援融資

 

この事業資金の融資の対象は、新規に事業を始めようとするものまたは開業後5年未満の者ですが、分社化しようとする場合、または分社化5年以内のものでもOKとなっています。

 

・融資金利は2.1%  

・設備資金は1,500万円までで、返済期間7年以内、返済据え置き期間は1年

・運転資金は1,500万円までで、返済期間5年以内、返済据え置き期間は1年

 

*但し、新規開業の場合は、自己資金分までの融資限度額となります。

続きを読む≫ 2007/06/17 08:58:17

栃木県の事業資金の融資制度についてご案内しましょう。やはり公的事業資金の融資ですまで、事業ローン金利もとても低く利用しやすくなっています。

(以下栃木県県のサイトより一部抜粋)

 

○創業支援資金

 

創業資金については、いくつかの場合があります。

・勤務経験や法律に基づく資格を活かして創業する場合

・商工会議所の創業塾等を修了して創業しようとする場合

・県産業振興センターの事業可能性評価をもとに創業しようとする場合

 融資金利 年(1.9%)以内

 融資限度額 運転資金の場合は2,000万円 設備資金の場合は3,000万円

続きを読む≫ 2007/06/13 09:25:13

群馬県の事業資金の融資制度についてご紹介します。低利の事業ローンで開業を調達できます。(以下群馬県のサイトより一部抜粋)

 

○創業者支援資金の融資

AタイプとBタイプというものがあります。

 

◆Aタイプ 創業後5年未満の中小企業者(個人又は会社)であって、次5のうちのどれかに該当する事

1.営んでいる業種と同一の業種に属する企業に3年以上勤務した経験を有する方及び同等の経験を有すると認められる場合

2.法律に基づく資格を有する方で、その資格を生かして事業を営んでいる場合

3.国、自治体等が実施する創業者向けセミナーを修了し、事業を営んでいる場合

4. (財)群馬県産業支援機構又は県内各地域ベンチャー支援センターの支援を受け、事業の安定・拡大に取り組む場合

5.女性、若者(34歳以下)又はシニア(55歳以上)で、その経験、知識、技能等を活かして事業を営んでいる場合

 

◆Bタイプ これから創業しようとする方(創業後5年未満の方を含む。)であって、次のどれかに該当する場合。

1.事業を営んでいない個人で、1か月以内に新たに事業を開始する具体的計画を有する方

2.事業を営んでいない個人で、2か月以内に新たに会社を設立し、当該会社が事業を開始する具体的計画を有する方

3.中小企業者である会社が新たに中小企業者である会社を設立し、当該会社が事業を開始する具体的計画を有する方

4.上記(1)〜(3)の要件で創業し、創業後5年未満の方

 

この事業資金の、運転資金または設備資金に利用できます。

続きを読む≫ 2007/06/12 08:40:12

千葉県の融資制度について紹介しておきましょう。(以下千葉県のサイトより一部抜粋)

 


○事業資金融資

1年以上同一事業を営む県内の中小企業を対象として一般的な設備資金や運転資金に利用するための融資制度です。

 

設備資金の場合は、所要資金の90%以内で1中小企業者等1億円以内、返済期間は10年以内となっています。


運転資金の場合は、1中小企業者等8,000万円以内、済期間は7年以内となっています。

 

融資金利は、2%台前半から後半位の固定金利となっています。

 

保証人については、法人代表者以外原則不要(保証なしの場合は金融機関所定)とされています。

続きを読む≫ 2007/06/11 12:01:11

栃木県の行っている事業資金の融資も結構充実したものになっています。栃木県で起業されるかたは、知っておくといいと思います。

 

では、創業関係の融資を中心にまとめてみました。

(以下栃木県のサイトより一部抜粋)

 

○創業支援資金

 

・勤務経験や法律に基づく資格を活かして創業するとき。

・商工会議所の創業塾等を修了して創業しようとするとき。

・県産業振興センターの事業可能性評価をもとに創業しようとするとき。

 年(1.9%)以内 運転資金は2,000万円まで 設備投資資金3,000万円 まで

 

融資金額と同額以上の自己資金を有し、新たに事業を開始する場合や、分社化等により創業する場合の事業資金、事業を開始した日以後5年を経過していない企業の事業資金

 年(1.9%)以内 運転資金・設備資金とも 2,000万円まで

続きを読む≫ 2007/06/10 10:40:10

神奈川県で利用出来る事業資金の融資の情報をご案内しましょう。低利の事業ローンで開業を調達できます。

 

神奈川県中小企業制度融資(間接融資)

 

県信用保証協会の保証をつけて融資するという方法で、間接的に事業資金を融資してくれる制度となっています。

 

簡単に説明しますと、この神奈川県の信用保証協会が中小企業者等が、金融機関から借入を行う際に、その債務を保証するというもので、その分直接民間の金融機関で事業ローンで事業資金を調達する金利よりもずっと有利に借りられるということになります。

続きを読む≫ 2007/06/09 09:43:09

東京都の事業資金の融資制度をご案内します。低利の事業ローンで開業を調達できます。

 

東京都制度融資とは、東京都と東京信用保証協会と指定金融機関の三者協調のうえに成り立っている「融資制度」で、いわいる間接的な事業資金の融資制度です。

 

利用するための要件は、中小企業者又は組合で、次の条件を全て満たすことなっています。

(以下東京都のサイトより一部抜粋含む)

 

1.都内に事業所(住居)があり、保証協会の保証対象となる業種を営んでいる。(ただし、一定の業歴要件が必要となる場合があります。)

2.事業税又は法人税(個人については所得税)を納付している。(ただし、申告をしていて、課税額がない場合は融資対象となります。)

3.許可、認可、登録、届出等が必要な業種にあっては、当該許認可等を受けている

続きを読む≫ 2007/06/09 08:11:09

各都道府県には、たいてい地元地域で事業を営むもの、または創業、開業しようとするものむけの融資があります。それぞれの地域で財団法人などで行っています。

 

自分の住んでいるまたは事業している地域での事業資金の融資について調べる必要があるでしょう。

事業資金に中小企業振興貸付・小規模事業貸付などがたいてい用意されているはずです。

 


地方自治体は、地元の事業を振興させて、事業税などの財源を増やす必要があるのですから、当然です賢く利用する事が大切です。

では、ここでは埼玉県の事業資金融資につい手ご紹介しておきましょう。

(以下埼玉県のHPより一部抜粋事項含む)

続きを読む≫ 2007/06/07 17:56:07

ホーム RSS購読 サイトマップ
民間貸付資金 公的貸付資金 事業資金について 資金繰りの基礎知識 借入金返済方法 上手な資金調達方法