事業資金の借入、返済に役立つ知識のまとめ

事業資金について

事業資金について記事一覧

事業資金の色々な条件

事業資金には色々な条件ごとに民間の色々な商品があります。無担保・無保証融資、担保融資、商業手形割引、独立開業事業資金融資、事業者ローンなど目的や状況によって使い分ける事ができます。民間の事業ローンは金利が高いので、出来るだけ、公的機関の事業資金貸付を利用することがベストだと思います。但し、急な現金が...

≫続きを読む

 

事業資金の目的

一概に事業資金といっても、色々な使用目的がありますね。開業、創業に必要な、資金は、国の事業ローンや、自治体や独立行政法人などの、創業資金や新規開業資金などの、創業支援制度のもとにつくられている融資制度を利用するほうが、長く借りることになると思いますので、金利が低いのでいいでしょう。SHOHOや、個人...

≫続きを読む

 

事業ローンを組むのに必要なこと

公的事業ローンと、民間の事業ローンでは、融資の条件や目的については多少ことなる点もありますが、基本的なことは一致しています。国民生活金融公庫、地方自治体、中小機構などの公的な事業資金融資や、銀行やノンバンクなどのビシネスローンも、無担保融資、第三者保証人不要などの条件の融資もでています。公的事業資金...

≫続きを読む

 

事業ローンにたよるだけでなく、自己資金を貯めよう

起業するには、もちろん開業資金が多少なりとも必要になるのは仕方のないところです。ビジネスによっては、かなりの資金が必要で、事業ローンを組まなければとても開業資金が作れないようなものももちろんあるでしょう。しかし、大口の事業ローンを組むほど、返済に追われて、事業が継続するのが困難になることも多々ありま...

≫続きを読む

 

事業ローンとスパムメール

事業ローンとスパムメールなんだか一見関係なさそうにみえますが、実は、以外と関係が深いのです。不特定多数のインターネットから収集いたメールアドレスに、勝手に送り付けられるDMメールそれがスパムメールです。このスパムめーる、おまとめローンやキャッシングなど、色々な金融関係のものもとてもおおいのです。それ...

≫続きを読む

 

政府系金融機関の統合と民営化

低金利、据え置き期間があるなど事業者、新規開業者にとっては、事業ローンで頼りになる存在の政府系金融機関ですが、統廃合、または民営がされるされることになっています。国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫、国際協力銀行などの政府系金融機関が1つになって、株式会社日本政策金融公庫として200...

≫続きを読む

 

開業資金調達と事業ローンの必然性

独立開業する際に、どうしても開業資金が必要になりますよね。店舗、内装工事費、オフィス家具、その他もろもろ・・・あわせて、ざっと1000万円以上は必要といわれますが、これだけの金額を自己資金というのはかなり厳しい面はあると思います。かといって、開業資金を貯めている間にせっかくのビジネスチャンスを逃して...

≫続きを読む

 

返済方法のいろいろ

お金を借りた以上は、必ず返済予定日までに全額返さなければなりません。それは当然ですよね。公的事業ローンは、金利が低く、中小企業や女性事業者には大変有利ですが、非常に審査が厳しいです。やむを得ず高金利な民営の事業ローンを頼る場合は、返済計画を念入りに検討して、無理のない形での利用をしましょう。以下、さ...

≫続きを読む

 

個人事業開業の資金調達と事業ローン

法律が緩和されてから、1円からでも事業展開できるほど誰でも気楽に事業開業できるようになりましたね。そうはいっても、それなりに資金も必要になります。できるだけ、自己資金だけで開業できるのが理想なのですが、やむを得ず事業ローンを利用しての事業開業を考えるなら、日本政策金融公庫が事業ローンのなかでは一番低...

≫続きを読む

 

事業ローンの返済と返済猶予期間とは

事業資金をローンで返済する場合、一番一般的な返済期間は最長で5年ほどです。ただし、使途や貸し付けのタイプ、証書貸付かカードローン(当座貸付)タイプかによっても返済期間の性質は変わりますので、その違いや具体例を良く確認しましょう。日本政策金融公庫の返済期間民間ビジネスローンの返済期間証書貸付と当座貸付...

≫続きを読む

 

事業ローンを組まずに開業資金をつくれるか?

事業ローンを組まず開業資金をつくるとしたら、どんな方法があるのでしょうか?また、そんなことが可能なのでしょうか?事業ローンを組まず開業したいなら、個人資金や退職金で起業する方法と、融資ではなく出資という形で資金繰りをする方法があります。まず、自分の財産の棚卸をしてみましょう。生命保険の契約者貸付制度...

≫続きを読む

 

開業後の資金調達と事業ローン

独立開業してまずぶち当たる問題は資金繰りですが、資金が必要になるのは起業時だけではありません。開業後も必要になるのです。これを忘れている方が多いのですが、起業開業を目指す人は、ぜひ後のことも考えてゆとりのある事業計画を立てるべきです。1円からでも起業できるとはよく言われますが、事業が波に乗るまでは、...

≫続きを読む

 

運転資金不足のときの事業ローン

これはできればない方が良いのですが、万が一経営不振で運転資金が底をついて、事業ローンを利用せざるを得なくなった場合に「国金」(国民生活禁輸公庫)には、苦しい経済難に落ちいた中小企業事業者を救済してくれる事業ローンがあるんです。セーフティネット貸付がそれです。◎経営環境変化資金・・・社会的・経済的環境...

≫続きを読む

 

設備投資と事業ローン

事業ローンといった場合は、設備投資と運転資金の両方から融資してもらえることが一般的ですが、逆に事業を縮小するための事業ローンというのもあるのです。「国金」(日本政策金融公庫)では、中小企業事業者に対しては大変有利な条件で、設備投資として低金利で貸付をやっています。一部以前の記事とかさなる部分もありま...

≫続きを読む

 

経営セーフティ共済で取引先倒産のリスクを回避しよう

とにかくとんでもない不況がきていて、先が見えない状況ですね。まだまだこれからもっとたくさんの企業の倒産があると思われます。なんといっても怖いのは、取引先の倒産で、代金が支払れないままになってしまうことですね。連鎖倒産とかる危険は、とにかく増していますので、それに備える必要があります。未払い金は、損金...

≫続きを読む

 

モラトリアム、返済猶予3年は現実化するのでしょうか?

今、金融界を大きく揺るがしていますが、亀井静香金融・郵政担当大臣が、24日に金融庁で初の政務三役会議を開きましたが、金融副大臣らに中小企業向け融資や住宅ローンを3年間の返済猶予(モラトリアム)する制度を法案化する作業を指示したというニュースがありましたね。これがかなり本気と言うことで、お大手金融株を...

≫続きを読む

 

「総量規制」で年収の3分の1までしか借りられなくなる

事業ローンと直接関係あるわけではありませんが、一般の消費者金融などの貸金業者から、つなぎ融資などで資金を借りるということが、小さな事業者にはありますので、この総量規制には注意しておく必要があります。多重債務問題などの解決のための貸金業法の改正ですが、事業者もお金を借りる場合は、この法律にかかります。...

≫続きを読む

 

個人事業主への貸付は例外貸付が適用されるが、逆に厳しい審査になる

貸金業法改正による、総量規制で年収の3分の1までしか借りられなくなった影響は、実は個人事業主に、個人への貸し付け以上の負担をしいている現実があります。個人事業主への貸付は、個人への貸し付けとは別として、例外貸付扱いになりますので、「なんだ、年収の3分の1は関係ないのか・・・」と一見思えます。しかし、...

≫続きを読む

 

為替商品損失の中小企業に特例融資

なんでも大手3銀行、つまり三菱東京UFJ、みずほ、三井住友は、金融庁の要請で、為替商品で巨額損失を受けた中小企業に資金繰り支援のための融資をするそうです。えっどういう、ことなのかな?と不思議に思ったのですが・・・どうも、輸出入業者は為替リスクを押さえるために、企業銀行間であらかじめ決めておいてレート...

≫続きを読む

 

震災事業者の事業再建へ低利で融資「災害復旧貸付制度」

今回の東日本大地震で借入金が残ったままで、新規に融資を受ける事ができないままになってしまはないようにする対策をとるようです。借入金が残っている中小企業に、民間金融機関などは返済猶予を実施する予定のようです。政府は、事業を再建するための新規融資を受ける場合、被災した中小企業において、日本政策金融公庫と...

≫続きを読む

 

「特定非常災害」で震災企業の破産を凍結

一般的に、銀行や取引先などの債権者が企業の破産手続きを裁判所に申し立てると、債務超過の場合、破産開始手続きが決定され、企業に残った財産は、債権者に分配されてしまいます。つまり、震災によって生産設備などを失った企業は、債務超過になるでしょうから、復興へと向かう前に、破産手続きで終わってしまいます、それ...

≫続きを読む

 

個人事業者の返済免除の指針(被災者)

個人事業者の返済免除の指針(被災者)金融庁がまとめている震災にあった個人事業者の事業ローンなどの免除についての指針案が出されました。それによると、個人事業者は、事業を継続する場合と、廃業する場合とに、選択をすることができます。事業を継続する事を選んだ場合は、事業主の経営責任は問わず、債務が免除される...

≫続きを読む

 

中小企業融資の際の連帯保証人として第三者は禁止

中小企業が融資を受ける際に、民間の金融機関から連帯保証人を要求される際に、全く経営に携わっていない第三者が連帯保証人になることがあり。万が一の時、経営とは全く関係なかった人が、債務の取り立てに会い、厳しい取り立ての末に、自殺などに追い込まれることが、社会問題になっていました。それをくい止めるために、...

≫続きを読む

 

無担保・保証人不要の事業資金融資=マル経融資を利用しよう。

無担保・保証人不要というと、なんだかうまい話しすぎて、高金利であやしそうに聞こえるかもしれませんが、れっきとした公的な融資制度なんです。マル経融資というのは、小企業等経営改善資金融資制度というものです。小規模事業者が利用するために作られた制度なので、小さな事業者こそ是非とも利用したい融資制度です。実...

≫続きを読む

 

カゴメがトマトで借入、動産担保が広まるきっかけになるか?

まだまだ日本では主流となっていない、在庫商品、原材料など動産を担保に融資を受けるという方法ですが、こんかいカゴメという大手の企業が、トマトを動産担保として、10億円を借り入れたというニュースはなかなかの驚きでした。尚融資を受ける先は、三菱UFJ信託銀行ということらしいです。カゴメ自体は、資金調達に苦...

≫続きを読む

 

実際に開業する人の自己資金はどのぐらいか

全く自己資金なしで開業することはまずありえません。開業資金を融資で賄うにしても自己資金なしではどこも相手にはしてくれませんから。それでは実際に開業した人は、どの程度の自己資金を持っていたのかという事を知りたくなります。2000年代に入ってからのデータですと、開業資金として自己資金がいくらかというデー...

≫続きを読む

 

年収500万円のサラ―リーマンが融資を受けられる限度額は?

独立開業する場合、自己資金が重要という事は前回の記事で書きましたが、では、どの程度の資金の融資が受けられるのかという事を考えてみましょう。基本的には、多くて自己資金の3倍まで、普通は自己資金の倍が融資を受けられる順当な金額です。またもう一つの指標として、年収500万円のサラリーマンが受けられる事業融...

≫続きを読む

 

協調融資とは、協調融資を受けるの3通りの方法

まず協調融資とはどんな融資のことをいうかといいますと。複数の金融機関から、事業に必要な借入金を総額で受けることです。「シンジケートローン」とも呼ばれ、大型の資金調達ニーズに対して金融機関が単独ではリスクが高いが、有望なので融資したいと思わせる案件で行われています。中小での資金ショートでも場合によって...

≫続きを読む

 

クラウドファインディングで独立開業資金を作れるか?

海外の資金作りの方法として日本にも知られるようになったクラウドファインディングという方法があります。金融機関からの融資ではなく、また投資家による出資でもない、第三の資金集め方法として注目されています。米国では、かなりの資金集めの実績があり、それで起業している人も出ています。資金が欲しい人と、その商品...

≫続きを読む

 

融資の担保としての個人保証をなくす改正案

民法の大幅な改正に取り組んでいる法制審議会で、今、中小企業が融資を受ける際にたいてい求められる、「個人保証」を許さないという案が検討されています。経営とは全く関係のない第三者が、経営者の融資の担保となることが経営破綻の際に大きな問題となっていることから、この慣習を排除しようという動きは以前からありま...

≫続きを読む

 

いよいよ迫る円滑化法期限切れで、中小企業に不安が広がっている

中小企業金融円滑化法が3月末で、もう延長は無ということで、中小企業の資金繰りに対する不安が広がっています。金融機関の融資がより厳しくなると不安視している中小企業が半数以上に上っているようです。金融機関自体は、とくに厳しくなることはないという見解を出していますが・・・現実はどうでしょうか。輸出企業につ...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
民間貸付資金 公的貸付資金 事業資金について 資金繰りの基礎知識 借入金返済方法 上手な資金調達方法