ビジネスローン・カードローンなど事業資金調達のための融資情報

事業ローン|事業資金調達に役立つ事業融資情報

事業資金の調達先

事業資金の調達先はたくさんあります。まずはその種類別に、事業ローンが組める金融機関や業者などをまとめて紹介しましょう。

 

また事業ローン以外にも資金の調達方法はありますので、それらも合わせて検討することをお勧めします。

公的機関の事業ローン

日本政策金融公庫
都道府県の制度融資

民間の事業ローン

銀行の事業ローン
専門業者の事業ローン

その他の資金調達方法

助成金を活用
少人数私募債の発行
ファクタリング
個人消費用のカードローン

公的金融機関からの調達

真っ先に考えるべきなのは、日本政策金融公庫ですね。金利が低く返済もとても有利です。ただし審査には時間がかかりますし、書類作りのノウハウも必要です。

 

公的金融機関で実際は借りていない中小零細の事業主さんは多いでしょう。審査が厳しそうだし、面倒だし、借り方が分からないというのもあるでしょう。でもピンチの特に使える制度もあるので融資の仕組みや制度を知っておくのは重要です。

 

地方公共団体の事業融資

事業を行っている県や市の事業融資制度を利用すると有利な金利で借りることができます。最近は殆どの都道府県が直接融資するのではなく、信用保証協会などを利用して、銀行から融資を受けやすくしたり、利子の補てんをするなどの間接的な融資になっています。

 

民間からの資金調達

民間の金融機関での融資を受ける順番は、銀行、信用金庫、そして最後にビジネス金融業者です。順番を間違えると、その上の金融機関からは借りることが難しくなりますので注意しましょう。

銀行のビジネスローン

脱表的な銀行のビジネスローンを上げてみましょう。

  • 武蔵野銀行|むさしのビジネスローン「応援力」
  • ビジネスローン「融活力」三菱東京UFJ銀行
  • ビジネスセレクトローン・Webレポートローン 三井住友銀行
  • スタービジネスカードローン 東京スター銀行
  • みずほ銀行事業ローン
  • スモールビジネスローン 東京都民銀行
  • アーバンフリーローン 関西アーバン銀行
  • はまぎんスーパービジネスローン 横浜銀行
  • αBANKビジネスクイックローン 京葉銀行
  • ビジネスクイックローン 静岡銀行 カードタイプ 証書タイプ
  • ビジネスローンKIZUNA 東日本銀行
  • 常陽ビジネスローン「クイックJ」 常陽銀行
信販会社のビジネスローン
  • 信販会社が出しているビジネスローンも結構あります。
  • セゾンファンデックス カードローン(個人事業主専用)SAISON FUNDEX VIP
  • 個人事業者専用ローン/ビジネスプラン(アプラス・新生銀行グループ)
  • 楽天スーパービジネスローン 楽天カード
  • CREST for Biz(個人事業者専用ローン)オリコ
  • オリックスVIPローンカードBUSINESS
  • 事業者向け 不動産担保ローン(出光クレジット)
事業ローン専門業者

公的機関、銀行、信用金庫から新たに借りられない場合にはまず事業資金貸付の専門業者からの借り入れを考えましょう。闇金まがいの小売りの業者など危険なところもあるので注意する必要があります。
ここではお勧めの事業ローン(ビジネスローン業者)を紹介しておきましょう。

 

ビジネクスト・ビジネスローン

三井住友信託銀行とアイフルの共同出資で設立された貸金業者ですので安心です。新規借り入れは500万円までですが、最高融資限度額は1,000万円と極度型カードローンタイプの事業ローンとしては大きいです。

 

実質年率は8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上) 13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)となっていてノンバンクとしては一般的な利息です。担保や保証人が原則不要で、ネットからスピード診断できます。

公式サイトはこちら

 

ビジネスパートナー・ビジネスローン

中小企業、個人事業者向けの少額の資金調達ができるビジネスローンです。少額と言っても最高限度額は500万円までですので十分頼りになるでしょう。審査が早く最短翌日融資も可能です。

 

ローンカードで必要なだけコンビニのATMからもキャッシングできるのでとても便利です。新規契約の場合は融資翌日から45日間利息無という珍しいサービスも登場。利息もノンバンクとしては一般的な9.98%〜18.0%とです。

公式サイトはこちら

 

株式会社日本保証のビジネスローンエール500

1970年設立の東証二部上場のJトラスト(株)のグループ会社でもぐりの貸金業者ではありませんので安心です。利息は、年9.8〜年18.0%、最大限度額は500万円と上記2社とそん色ない条件です。

 

ただし限度額内をいつでも好きなだけ引き出せる極度型カードローンタイプのものではありません。契約金額をそのまま融資するタイプですので、審査時間もそれなりに必要ですので、翌日融資などは期待できません、急いでいる方向けではありません。

 

その他の資金調達方法

助成金・補助金の活用

意外と助成金・補助金というのはたくさん存在します。色々な政策の変化で出てくるので、事業主が存在を知らない助成金もたくさんあったりします。

 

助成金は融資とは違った条件が必要になりますが、融資と違って条件を満たせばもらうるものなので、返済する必要がありません。

 

資金調達とは性質の違うものですが、実質上資金調達になります。結果的に事業ローン組むよりずっといいわけです。

 

少人数私募債の発行

資金をだしてもいいという縁故者がいれば、社債のような形で資金を調達する方法があります。これは公募ではないので引き受け手がいれば、公募の社債など簡単な資金調達になります。
株式会社であれば、取締役会の決定だけで発行することができます。詳しくは少人数私募債の記事をご覧ください。

 

ファクタリング

融資ではありませんが、最短翌日、また自社の信用が低くても資金を調達できます。銀行の追加融資を断られてしまった場合などに活用できます。

 

負債にならないの信用情報の低下もありません。ただしファクタリング専門業者は早く資金調達できますが、手数料は結構かかります。

 

消費者向けカードローン

消費者向けのカードローンでの資金調達はできるでしょうか?ノンバンクのカードローンは、個人事業主の場合事業資金としての利用も認めてい所は多いです。しかし、事業資金として借りた場合でなければ総量規制がかかってきますので、借りられる金額は少なくなります。

 

銀行のカードローンの場合は総量規制はかかりませんが、事業性の資金として利用することができないところがほとんどです。事業資金は別途ビジネスローンという形で商品としているところもあります。
銀行のカードローンの利用方としては、従来の生活資金を事業資金に回して、生活資金か゜足りない場合にカードローンでキャッシングをするという使い方になると思います。

 

ノンバンクで借りている生活資金があれば金利を低くできますので、借換え用のカードローンとしても使うのもいいと思います。

 

結構この方法のために銀行のカードローンを作っている自営業の方は多いのです。銀行のカードローンを生活費のために作ったおくといざという時に助かるはずです。ピンチになってから作るのは困難ですし、持っていて使わないだけであればコストもかかりませんので作っておいて損は無いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
民間貸付資金 公的貸付資金 事業資金について 資金繰りの基礎知識 借入金返済方法 上手な資金調達方法